歯を白く保つための5つの方法

このページでは、歯を白く保つ為の方法を紹介します。
歯が黄ばんでる方は「タバコの吸いすぎで歯が黄ばんでしまった。ヤニを取る簡単な方法」を先にご覧下さい。

1.歯が黄ばむ根本的理由の解決

ホワイトニングにより、歯についたヤニが取れても、生活習慣を変えない限り、また歯が黄ばんでいってしまいます。

そこで一番気をつけて欲しいのが「タバコ+コーヒー」の組み合わせです。

この組み合わせは歯にとって黄ばむ理由しか見つからないと言っても過言ではありません。

その為、ステインまみれの黄ばんだ歯に逆戻りする未来が見えてしまいます。

タバコ+コーヒーの組み合わせは辞めよう

私も喫煙者の為、気持ちはわかりますが、タバコを辞めれない人は、飲み物を天然水に変えることをオススメします。
せっかくホワイトニングしたのに、また歯が黄色くなるのは嫌ですよね。

2.食事の後は直ぐに歯磨きしよう!

歯磨きは歯にとってとても重要です。

朝と夜しか歯磨きをしない人が多いですが、食事を取ったら直ぐに歯を磨く週間をつけてください。

何故なら、ご飯を食べるとどうしても、歯の表面に汚れが付着します。
特にカレーやケチャップ、ソースなどを使用した料理では、歯の白さを保つ意味では、大変危険な調味料となっております。

歯をすぐに磨けないと言う方は、口をゆすぐ、うがいをするという事だけでもして下さい。

食後直ぐに口をゆすぐだけでも、効果が違ってきます。

3.ガムを噛む

ガムを噛むことで、歯の汚れが落ちるので効果は期待できます。

何故ガムで歯の汚れが落ちるの?

ガムを噛むと、唾液が多く出てきますよね。
唾液には「自浄作用」という歯の汚れを流してくれる機能を持っています。

その為、歯を白く保ちたい方には、食後やお菓子を食べた後、コーヒーやお茶を飲んだ後には、ガムを噛むことをオススメします。

4.色の濃い食べ物は避ける

例えばぶどうですが、食べた後は、必ず口をゆすぐか歯を磨く事が大事です。

服にぶどうの果汁がついた事ある人は、分かると思いますが、ぶどうの果汁は取り辛いです。

歯だから簡単に取れると思ってはいけません。

食べたら直ぐに歯を磨く。歯を白く保つ為にも必ず実践してください。

もちろんぶどう以外にも、色味が濃い食べ物には要注意してくださいね!

5.家でのお手入れを欠かさずする

ヤニ取り隊では、家でのセルフケア「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」をおすすめしています。

ちゅらトゥースホワイトニングでは、歯が白くなる以外にも、口臭・むし歯・歯周病等の様々な口のトラブルの予防が可能となっております。

人に笑って見せれる歯を作る為にも、自宅でのセルフケアも大切に行ってください。

市販のホワイトニングの歯磨き粉との違い

市販の歯磨き粉の多くは、研磨剤を使っています。
その為、歯を削って白くする為、歯がボロボロになる可能性があります。

ちゅらトゥースホワイトニングは、歯の健康も考えて作られています。

また、せっかく高いお金を出してホワイトニングしたのに、歯が黄ばんだら勿体無いですよね。
自分の歯は大切にしてくださいね!